顔振・刈場坂峠ヒルクライム

CATEGORY

#HILL-CLIMB

2020/03/09

坂道や峠は嫌いだ。疲れるし、自分の脚質に合わない気がする。(単に体重のせいな気もするけど)
それでも上りたいのは、、達成感あるからだと思う。

とりあえずこの「刈場坂峠」の標語を自分なりに上りながら考えました。

「魂を刈り取る峠、刈場坂峠。」

■こんな感じ

下りだけど。

■本日のコース

0.各自→荻窪(0km~15km)
各自自宅から荻窪まで自走にて集合。

1.荻窪→飯能(35km)
平地パート、体を温めるには丁度良い区間。
1 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

3.飯能→吾野(15km)
地味坂パート、上ってるのかわからないくらいの地味な勾配。いつの間にか標高は200M近くになっている。
2 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

4.吾野→刈場(15km)
今日のメインコース。4~12%くらいの勾配が続く。
ゴールから5km手前より通行止めであったため、急遽コース変更をした。
3 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

5.刈場→各自(60km~80km)
帰宅用コース、川越経由で各自帰宅。

今日のライドメンバーはこんな感じ
しゅーへー:前世はサイヤ人のタフガイ。子の権現また上りに行きましょう。(今日は飯能までの途中で離脱)
とよき  :最近早起きで何かに目覚めたマン。(今日は飯能までの途中で離脱)
よしおか :進次郎的にはベテランとは何かを考えたときにベテランであるなぁと思うベテラン。
まる   :剣道でいうところの次鋒。ここぞという時の鉄砲玉。
はまだ  :今日の旅先案内人。

■早速だが、坂道の話をしよう。

今回の坂道は吾野交差点から顔振峠経由で刈場坂峠を目指すコース。
秩父方面は峠パラダイスで他にも色々峠があるのです。パラダイスかどうかはその人次第だけどさ。

突然だけど、クイズ。

「顔振峠」の読みは以下のどれになるでしょうか。
1.かおふりとうげ
2.かあぶりとうげ
3.がんしんとうげ
4.こおぶりとうげ

正解はGoogle 先生に聞いてみてください。

↓吾野交差点前には神社があり坂道前にちょっと休憩をしました。
私の大好きなお犬様もいてなんか心強かった。

R0001179 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

登り始めると直ぐにこんな感じの林の中に突入。下は後ろを撮ったから下り坂。写真じゃ傾斜って中々伝わらない。
走り始めてすぐに、よっしーとまるさんは林の中に消えていったよ。

もうね、つらいのよ。

ただ、坂道がつらい。

私の足ってせいぜい傾斜6%までしか耐えられないんですよ。
それがさ序盤から12%くらいあるとMPもHPも5分後には無かったよ。

それでももう軽いギアが無い中で時速7kmくらいで頑張って漕いでいきます。
この刈場坂峠区間って予定では15kmあってまだ私2-3km地点。

残りの10数キロどうしようかなぁって思いながら、必死に現実逃避をしようとしました。
でもさ、実際につらいのは変わらないわけで現実からは逃れられないのです。

坂道がつらいのは変わらないけど、色々なポエムや考えが浮かんできました。
しかも、結構冴えわたっているような錯覚を起こしつつ。

文頭の標語もその一つです。

「この冴えてる頭の中をスクショできるアプリできないかなぁ・・」

「峠中の下り坂が好きなやつはサイコパスだろ・・」
(下る分また上れる楽しみがあると考えてたら・・)

「コロナも一回峠上って駆逐されろ・・」

「この道必要ないでしょ・・」

「とうげ、げてもの、のうみそ、ソマリア・・・」(一人しりとり)

「超回復期待、超回復期待・・」

「もしや今脳内からテストステロンが出てるかも。チャンス・・」

「いや、この冴え渡りは 槇原系か?・・・」

「沢尻系かピエール系・・?(最近の薬物系の人古今東西が始まる)」

「やっぱりコロナも峠上って駆逐されろ・・」

「峠って漢字は山に上、下で峠・・」

「ヒルクライムと掛けましてハードコアと解きます。。その心は、どちらもHC・・」

「ん、カフェがあるな。一回下るのか・・パス。」

「よっしーとまるーんどこだよ・・」

「帰りたいなぁ・・」

という感じで意識を脚から頭に延々と持っていくことで若干の現実逃避に成功。

 

改めて、考えてたことを活字にすると。全然冴えてなかった。。

ギリ冴えてたのはコロナ駆逐くらいだと思う。

f621a2ae3deabdb0404db52f4ecbad56 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

途中でお茶屋さんもあったけど、ローディーはいなかったなぁ。車で来てる人や山登りの人は沢山いたよ。
R0001194 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

上ってる途中のこんな標識もシュールに見えて仕方なかった。
R0001201 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

山火事注意「燃やすまい、みんなの暮らしにいきる山」
・・そりゃ当然だろ。むしろ、燃やそうとしてる人がこれ見ても何の効果も無いんじゃ。。
山火事注意「燃やしたら、分かってるな。爪剥ぎ、腕折るぞ、死ぬまでずっと」
こうでしょ。

R0001200 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

ちょっと変なテンションになりながら登っていましたが、精神状態は至って健康。
あくまで、現実逃避用です。
↓上まで行けなかった時用の予備の頂上。傘杉峠。こういう峠名からどんな歴史を以って名付けられたのか想像するのは面白いですね。
R0001199 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

刈場坂峠まであと5kmというところで通行止め。。
R0001204 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

と、その時。
気になる「山猫軒」の看板が。
行くっきゃないっしょ。ってことでよっしーが店舗に営業中の旨確認してからLet’s go。
(実はこの山猫軒の看板からカフェまでの道が一番楽しかった!オフロード的な要素で)

7accf60e1660486f7758e8b6ad0ad7a5 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

道中はこのような綺麗な景色も沢山あったよ。
44bb8d558d57c646790df74e35f171ce 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

■山猫軒で優雅なカフェランチ

山猫軒に到着。
このカフェの存在は知っていて、ローディーでヒルクライマーな方で有名な「篠」という女性の方が飯能あたりの山の中のカフェ一覧のような記事を投稿されていたので、その時はふーん程度で思っていましたが、まさかひょんなことから訪れるとは。。

ジブリ的な雰囲気満載です。
3bb70ffd0c1b7b7a3973b495400aea98 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

ザ・田舎カフェと言う感じ。チープな意味ではなく。
ca7841c781761c388e4fc737504dfdd9 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

ネコちゃんがお出迎え。山猫ちゃんかな、山猫くんかな。
5fb77393a1d22370d743fa92046fb144 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

凛々しいね。
55036d2958de5e51331ce51452fdc40d 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

少し太っちょだけどさ。
R0001237 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

ローディーも歓迎のような感じです。鍵かけなくても良さそうな雰囲気だったけどしっかりロックしたよ。
f9ebab8b42ef4f82fe7e99d0eeb09ca4 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

店内はちょうど、著名な方のアコースティックギター演奏が行われていました。
毎週何かしらのライブが行われているみたい。
我々はご飯を食べに来たので、ライブを聞きながら静かにお食事。

まるさんはピザ2人前を注文、私はカレーを食べて、よっしーはシチューとパンみたいなの。
ec43906e0539709719d70b11326b2d78 1024x767 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

普段からギャラリーもやっているそうな。
R0001226 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

テラス席はこんな感じ。
ハンモックいいですね。
R0001228 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

店内や店外はネコに関するこだわりがあって探したりするのも面白いかも。
c0c92a1d11347318e60f2e8bcc023936 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

ご馳走様でした。ということでカフェを後にして帰りのライドに向けて出発。

d34c41d95e11f757c2a82ea84fb976f6 1024x682 - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

■帰宅

帰りは平地の有難さを味わいながら、皆自走で帰宅。
当分は坂道はお腹一杯。
筋持久力やヒルクラ用の筋肉・心肺能力向上を胸に誓うものの、お風呂に入ったらどうでも良くなった。

ほいではまたねー

 

The following two tabs change content below.
21f1036841ba782363b0b23e50b35f18?s=80&d=mm&r=g - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

HAMA

主にライドコース企画とコースの先導役で当チームを始めた人。今ではロングライドでローカルスーパーなど色んなところに行きたい人。 愛車は「TCR ADVANCED SL 0」
21f1036841ba782363b0b23e50b35f18?s=80&d=mm&r=g - 顔振・刈場坂峠ヒルクライム

最新記事 by HAMA (全て見る)

COLUMN ロードバイクコラム

Team MiSHMASH / チーム ミシュマシュのロードバイクに関するコラムです。
東京(都内)でのポタリング、ロングライドはもちろん、サークルでの活動やメンテナンスなどの知識コラムも日々更新しています。

READ MORE READ MORE